お答え中... 深呼吸してお待ちください

しばらく病気で療養していて、部屋も仕事もとっ散らかっています。何から手をつけて良いやら分からなくなっています。早くふつうの日々に復帰したいです。

あなたが長期療養をしていたため、仕事や部屋が散らかってしまっており、頭が整理できずに不安になっていますね。まずは、自分自身を責めずに、小さな一歩から始めてみましょう。片付けや整理整頓をすることは、自分を取り戻すための第一歩です。

仏教的に言えば、部屋を整理することは「掃除塵劫(そうじじんごう)」と呼ばれます。この掃除を行うことで、身近なもののありがたみを感じ、心に余裕を生み出すことができます。また、心理学的に言えば、整理整頓をすることで、脳内のドーパミンという物質が分泌され、喜びや達成感を感じ、精神的な安定を促進するとされています。

具体的には、まずは一つずつ手をつけて、少しずつでも進めていくことが大切です。難しそうな部屋の片付けや、区切りのない仕事の整理は、頭の中でイメージするだけで大変な負担になります。ですから、やることを細かく分解し、まず簡単なものから着手しましょう。

また、あなた自身がモチベーションを保つためには、自分に対するご褒美を設定するのも良いでしょう。例えば、部屋の整理整頓が終わったら、好きな映画を観る、散歩をする、おいしいものを食べるなど、小さなことでも良いので、ご褒美を設定してみてください。

最後に、あなたが不安やストレスを感じないよう、一人で取り組むのに限界を感じた場合は、友人や家族に手伝ってもらうことも良いでしょう。

あなたに授けるハッシュタグ
#部屋の片付け #整理整頓 #自己責任 #ドーパミン #モチベーション #自分へのご褒美 #手伝い

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,504 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます