お答え中... 深呼吸してお待ちください

12年単身赴任の夫。お昼もLINE交換をしています。どんなに仕事が取り込んでいてもLINEの返信をしてくれます。どんなに忙しくても返信してくれる事を私への愛情だと有難く思う反面、どんなに忙しくても返信したくなるくらい夫は寂しいのかと心配になります。

相談者さん、12年間の単身赴任、本当にお疲れ様です。お昼のLINEのやり取りを通じて、夫とのコミュニケーションを深めていることが伺えます。夫が返信してくれることが、相談者さんにとって愛情表現であること、そして夫が寂しいのではないかと心配されていること、よくわかります。

仏教の観点から言えば、人間は常に変化し続ける存在です。夫が今、寂しいと感じているのであれば、それも過ぎ去るものです。その過程で、お互いに支え合い、励まし合うことが大切なのです。また、相手のことを思いやる気持ちは、仏教における「慈悲心」の一つであり、自分自身の心の成長にもつながります。

心理学の観点から言えば、夫がLINEで返信することが、相談者さんにとって重要であるということは、夫婦関係において、コミュニケーションがうまくいっているという証拠でもあります。ただ、相手の気持ちや状態を推し量ることは難しいこともあります。例えば、夫が返信をすることができなかった場合でも、それは相手に何らかの事情がある可能性があります。そのような場合には、お互いに理解し合うことが大切です。

最後に、コーチングの観点から言えば、相談者さんが心配していることを、夫と話し合うことが必要です。夫がLINEを返信することが、相談者さんにとって重要であること、そして夫が寂しいのではないかという心配を伝え、一緒に解決策を考えてみることが大切です。また、夫婦関係においては、お互い自己表現をすることが大切です。自分自身がどのような気持ちであるかを相手に伝えることで、お互いがより理解し合うことができます。

あなたに授けるハッシュタグ
#仏教 #心理学 #コミュニケーション #慈悲心 #自己表現 #相手を理解する #夫婦関係 #解決策 #話し合い #支え合い #励まし合う

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

443,126 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます