お答え中... 深呼吸してお待ちください

飲酒の翌日に人が空っぽで無力に感じる理由と、この感覚を改善する方法

まず、相談者さんのお気持ちをお察しします。飲酒の翌日には、身体的な疲労や頭痛、吐き気などがあることが多く、心の余裕も失われがちです。また、飲みすぎたことが後悔や罪悪感を引き起こす場合もあります。このような状況下で、空っぽで無力な気持ちになってしまうのは自然なことかもしれません。

しかし、仏教の教えによれば、人間は皆本来、「本覚」という覚りの状態を持っています。これは、心に波立ちがなく、心身の疲労もなく、穏やかで幸せな状態です。ただ、この本覚を覆い隠してしまうのが私たちの執着や欲望、煩悩です。飲酒も、煩悩の一つです。飲んでしまったからといって自分を責めるのではなく、自分にとって大切なことは何かを考えてみましょう。

心理学的には、飲酒が引き起こす空虚感や無力感は、脳内物質のバランスの崩れや、前日の過剰な興奮などが原因となります。このような状態は時間が経過すれば自然に回復する場合が多いですが、ストレッチや軽い運動、気分転換をすることで改善することができます。また、睡眠や栄養、水分補給も欠かさずに行いましょう。

そして、コーチングの視点から具体的なアドバイスをさせていただきます。まずは、飲み過ぎてしまう原因を探ってみることが大切です。ストレスや孤独感、人間関係の問題などが背景にある場合もあります。その場合は、その本来の問題に取り組むことが必要になります。そして、次に行動する前に自分が何を求めているか、何を大切にしたいのかを自問自答してみましょう。その上で、自分にとって最も望ましい行動を選び、実行することが大切です。

あなたに授けるハッシュタグ
#飲酒 #空虚感 #無力感 #仏教 #心理学 #本覚 #煩悩 #ストレス #孤独感 #人間関係 #コーチング

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,497 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます