お答え中... 深呼吸してお待ちください

AIがなんでもしてくれる社会が実現したら、人は仕事や人間関係、果ては政治や戦争など、悩みから解放されるんでしょうか?

相談者の方がAIが発達した未来における人々の生活に対して不安を抱いておられることを理解しました。しかし、そもそも人間は悩むことがあって当然の存在です。人間関係や社会の問題、たとえAIが解決できることでも、人は自分自身や他者への考えや感情を抱き、それを適切に扱う必要があります。また、現代社会で重視される責任や義務といった人間の役割もあるため、AIがすべての問題を解決してくれるという考えは幻想的です。

ここで仏教の観点から言うと、悩みは必要不可欠な存在であり、その対処法は人それぞれです。しかしながら、仏教では人間の意識の状態が本来の善な自己(如来)と向き合えば、悩みから解放されることができるとされます。自らの心を把握し、認知していくことで内面からの満たされた生き方ができると考えます。

心理学の観点から言うと、AIがすべての問題を解決してくれるという理想を持つことは、現実逃避的な心理状態に陥ることもあります。ですが、自分自身が抱く悩みや課題に対して、コーチングを使って自分自身が解決するために行動することが大切です。どのようにAIを活用するか、それをよりよく使いこなすため、またAIによってできない人間の価値を見出すためにも、自分自身のスキルや強みを活かして行動することが求められます。

したがって、未来に向けての心配はしなくても良いのですが、相談者自身が抱く問題に向き合って、自分自身が行動することを進めます。自分自身の気持ちや認識を正確に把握することで、自分自身だけでなく周りの人々にとってもプラスの行動ができます。そして、AIと人間の両方の強みを活かして、良い未来を作り上げていくことを目指します。

あなたに授けるハッシュタグ
#AI #人間関係 #社会問題 #仏教観 #悩み #自己把握 #心理学 #コーチング #価値 #行動

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,508 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます