お答え中... 深呼吸してお待ちください

できないことが分かっていても、やるべきなのか?

相談者の方がお持ちのジレンマは、非常に深刻であると感じます。自分の能力や技能について、認識があるにも関わらず、うまくいかない状況について、どうやって気持ちを切り替えられるか悩んでいるようですね。

一つの観点として、仏教における「苦」という言葉があることを挙げることが出来ます。この「苦」というのは、人生の中で起こる不運や逆境、苦悩や病いのことを表しています。しかし、その「苦」を抱えながら「苦」に向き合うことで、自分自身の内面の成長、ともに生きることができる共同体の形成、人生の目的を見出すことができるとされています。各自の人生において、自分が抱える「苦」に向き合うとともに、何のために自分がその苦しみを味わっているかを考えることが重要だとされています。

それに対して、心理学的観点からは、自己認識・自己評価についての問題があることが指摘されます。すなわち、相談者の方がおっしゃるように、自分ができないこと、理解できないことがあることを認め、それをただ受容することができないことが、問題の一端であると言えます。しかし、自己評価が低くなると、常に自信を持って行動することが困難になりますし、失敗の際には自分がダメだと簡単に思い込んでしまうことにもつながります。

このようなジレンマに立ち向かうために、相談者の方にお勧めしたいのは、自己認識に関するテストを受けることです。また、自分に合ったコーチングを受けることができたらいいでしょう。具体的には、自分の理解できないことについて、一つ一つ明確に説明すること、自分自身に対して否定的な自己評価をすることを避け、自分の価値観や目標について考え、自己反省をし、自己成長のために取り組みを続けることが大切です。

あなたに授けるハッシュタグ
#できないこと #苦 #自己認識 #自己評価 #コーチング #自己反省 #自己成長 #目標

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます