お答え中... 深呼吸してお待ちください

他人を変えられないことは理解していますが、人を見下す癖のある親を変えたいという欲求が収まりません

相談者さん、私もその気持ちを理解しています。家族というのは、自分が生まれた場所であり、育まれた場所でもあります。そのため、どうしても家族に対しては特別な感情を持ってしまうことがありますね。その中でも、相談者さんがおっしゃるように、人を見下すような言動をされる親御さんというのは、特に辛いものがあると思います。

仏教の観点から言えば、私たちは誰かを変えることはできません。他者を変えることには限界があります。しかし、自分自身を変えることは可能です。相手を受け入れ、自分自身がどうあるべきか、どう行動するべきかを考えることが大切です。自分自身が変わることができれば、周りの人も変わっていくことがあるのです。

心理学の観点から言えば、相手を変えることはできませんが、相手に対して自分がどのように関わるかは自分で選ぶことができます。自分が相手を見下すような気持ちになってしまうのは、相手が自分に対してそういう態度を取ってきたからでしょう。しかし、相手がどうあろうと、自分自身がどうあるかは自分次第です。自分が相手を見下すような気持ちを持っていると、自分自身が苦しむことになります。自分自身が穏やかでいられるように、相手に対してどのような距離感を持つか、どのように接するか、考えてみてください。

コーチングの観点から言えば、まずは相手を受け入れることが大切です。相手を変えることができないということを理解したうえで、自分自身がどうあるべきか、どう行動するべきかを考えましょう。例えば、相手が見下すような発言をされたときには、自分自身が穏やかに反応し、自分自身が大切にしていることを伝えることができます。相手に対して距離を置くことも必要かもしれません。自分自身が落ち着いていれば、相手に対しても優しく接することができます。

あなたに授けるハッシュタグ
#仏教 #心理学 #家族 #自己変革 #受容 #距離感 #コミュニケーション #穏やか #優しさ #コーチング

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます