お答え中... 深呼吸してお待ちください

私の大切な人が幸せでいてくれたらなあと思いますが、それを確かめるすべがないので時折虚しく感じています

相談ありがとうございます。大切な人が幸せであることを願う気持ちは、誰しもが持つ素晴らしい感情です。しかしながら、その人の心や現状を完全に把握することはできないため、不確かさや不安を感じることがあるのも無理ありません。

仏教の考え方から言いますと、人間は常に変化している存在です。そのため、今幸せであることが何時まで続くかもわからないのが現実です。また、幸せというのは内面から湧き出るもので、外部のものによって完全にコントロールできるわけではありません。このような理解を持つことで、現状を受け止め、それでも大切な人が幸せであることを心から願い続けることができるのではないでしょうか。

心理学的に言いますと、相手への思いやりや愛を持つことは素晴らしいことですが、それが自己犠牲につながったり、過剰になってしまうこともあります。自分自身が自分の感情を大事にし、相手からのフィードバックや信頼関係を確認することも大切です。また、自分が幸せであることが大切な人たちを幸せにすることにもつながることを忘れないでください。

最後にコーチングの視点から、相手の幸せを願う気持ちは素晴らしいことですが、その判断基準が曖昧では、結果として思い込みで物事を判断してしまうことがあります。もしも相手が本当に幸せでない状況であれば、どのようにサポートできるか、どのように相手にアプローチして、自分が想像していることと現実に差異がある場合には、それを積極的に受け止め、対処することが必要です。まずは自分自身が幸せであることが大切ですので、自分自身に元気を与えて、明るい未来を目指しましょう。

あなたに授けるハッシュタグ
#仏教 #心理学 #思いやり #自己犠牲 #フィードバック #自分自身 #判断基準 #サポート #アプローチ #幸せ

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます