お答え中... 深呼吸してお待ちください

自分が燃えカスにしか思えない、情熱が湧いてこない

相談者の方が自分自身を「燃えカス」と評価されていることに関して、私たちは違う評価をしなければなりません。私たちは、皆が生きる為に必要な価値を持っています。このような葛藤や自己評価が起こってしまう時、仏教哲学は私たちに導いてくれます。人生には繁栄と衰退、変化と安定といった波があります。その中である時期、精神的な成長をする為に、必要な経験をしている可能性があります。自分が情熱を感じられないこと自体、ある意味で成長の機会でもあるはずです。一方で、自分自身のジレンマを認識し、その瞬間を捉えて気づくことで、自分のユニークな価値が発見されるかもしれません。

心理学的には、人生には自然な波があるということを知ることが重要です。私たちは常に素晴らしい状態にいるわけではありません。自分自身に合ったバランスや自分自身で治癒するための方法を見つけることが必要です。例えば、時間を設けて自分自身の思考や気持ちに対処することを試してみることができます。あなたが「生き生きとした感じ」を再び感じることができるように、日頃から自分自身を大切にし、良い生活習慣を心掛けることも大切です。

最後に、自分自身が本当に望んでいる方向に進むにはどうすればよいかについて考えてみましょう。自分自身が何を望んでいるかを知ることが最初のステップです。次に、自己受容をすることも重要です。私たちは常に自分自身に厳しい評価をしていますが、そうすることで自己否定感を深め、自分自身を傷つけている場合もあります。自分が本当にやりたいことを楽しんで行う為には、自分自身を受け入れ、肯定することが必要です。 したがって、今からではなく、自分自身を落ち着かせ、心を開放する時間を設け、細かな調整をしていくことが、今後の自分と向き合う上で有効な方法の1つとなります。

あなたに授けるハッシュタグ
#自己評価 #成長 #波 #自己受容 #肯定 #自己否定 #心理学 #仏教 #コーチング #アドバイス

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます