お答え中... 深呼吸してお待ちください

自分への嫌悪感が止まりません

まず、自分に対して嫌悪感を抱くことは誰にでもある感情です。しかし、その感情に囚われすぎることは、心を苦しめ、正しい判断をすることを妨げることになります。仏教には「自己厭悪」という考え方がありますが、これは自分自身のマイナス面を認め、それを改善しようとするという前向きな姿勢です。

また、仏教においては、全ての人が根本的に悟りを持っているとされています。つまり、内面には無限の潜在力があり、自分自身が成長し、変化することができるということです。

相談者のように自分自身に否定的な感情を抱くことは、誰にでもあることです。しかし、その感情に囚われ過ぎないよう、自分自身を受け入れ、より前向きな姿勢で物事を捉えるようにしましょう。自分自身を、自分自身として愛し、受け入れることが、辛い気持ちを乗り越える一歩となります。

具体的にどうすれば良いかという点については、一人で抱え込まず、信頼できる人や専門家などに話を聞いてもらうのも良いでしょう。また、自分自身に対して厳しくなり過ぎないように、無理をせず、自分自身を受け入れるようにしましょう。お坊さんや仏教の教えを聴いたり、瞑想などの修行も、自分自身を受け入れる上で有効な方法です。

あなたに授けるハッシュタグ
#自己厭悪 #悟り #前向きな姿勢 #受け入れ #信頼できる人 #専門家 #瞑想 #教え

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます