お答え中... 深呼吸してお待ちください

マインドフルネスと坐禅の違い

相談:「最近マインドフルネスに興味を持ち、始めてみたけど、なんとなく坐禅と似ている気がして戸惑っています。でも、坐禅は脚が痺れるし、長く座っていられないので、自分には無理だと思っています。マインドフルネスと坐禅の違いは何ですか?」

まず、マインドフルネスと坐禅は似ているように感じるかもしれませんが、2つは非常に異なるものです。坐禅は、仏教の修行の一つであり、特定の姿勢をとり、集中することによって心を浄化し、自己の本性とつながりを深めることを目的としています。一方、マインドフルネスは、特定の姿勢をとる必要はなく、ただ、今この瞬間に集中すること、自分の感情、感覚、思考に注意を払って、自己理解を深めることを目的としています。マインドフルネスは、坐禅や仏教と関連があるかもしれませんが、それだけではありません。

あなたが言うように、坐禅で長時間座っていると足が痺れることがありますが、それは正しく行うために必要なことです。特定の姿勢で座ることで、自己の制限、苦難、そしてそれらを越える能力について、学ぶ機会を提供します。しかし、マインドフルネスを行う必要は全くありません。まずは、自分が快適に感じる方法で、集中することから始めましょう。それは、日常的な活動の中で、自分に注意を払うことからでも良いかもしれません。瞑想は、それが思い通りに進まなくても、優しく自分に接することが重要です。

最後に、行動に移すために、次のようなコーチングのアドバイスをします。まず目標を明確にしましょう。例えば、「毎週3回20分のマインドフルネス瞑想を行う」という具体的な目標にすることができます。次に、スケジュールを立てて、どの時間に実行するか決めましょう。また、継続するために、励まし合うグループなどに参加することも考えてみましょう。そして、目標を達成するために必要なスキルや知識を取り入れ、自己改善に向けて努力を続けましょう。

あなたに授けるハッシュタグ
#マインドフルネス #坐禅 #自己理解 #瞑想 #コーチング #目標設定 #スケジュール管理 #自己改善

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,497 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます