お答え中... 深呼吸してお待ちください

勉強しないといけないのにスマホに逃げる自分が嫌です。

まずは、相談者さんがおっしゃる気持ちに、理解を示したいと思います。スマホに逃げる自分が嫌だと感じることは、誰しも経験があるかもしれません。自分のやるべきことを後回しにしてしまうことは、人間の身体的・精神的な健康にも悪影響を与えることがあり、自分自身のためにも解決したい問題です。

仏教的な観点から言えば、スマホに逃げてしまうという習慣は、自分自身の欲に支配されてしまうことにつながります。しかし、欲に支配されてしまうことは、苦しみにつながるものであると教えられています。自分自身を見つめ直し、欲に支配されない境地に至ることが、人生において幸福感を得るために必要不可欠です。

心理学的な観点から言えば、スマホに逃げてしまうような行動は、「先延ばし」の一種です。このような行動は、一時的には自己満足感を得ることができますが、長期的には達成感を得ることができず、ストレスや不安を引き起こしてしまうことがあります。また、スマホに逃げてしまう行動は、負のループに陥ることがあり、学習意欲が下がってしまいます。

コーチングの視点から言えば、まずは自分自身が何が原因でスマホに逃げてしまうのかを考えることが大切です。また、具体的な目標を立て、それを達成する予定を立てることで、やる気を維持し、主体性を持って課題に取り組むことができます。課題を克服するためには、周りのサポートを受けることも重要です。また、失敗を恐れず、自分自身を受け入れることも大切です。

ハッシュタグ:

あなたに授けるハッシュタグ
#仏教 #心理学 #コーチング #先延ばし #スマホ依存 #目標 #主体性 #サポート #自己受容

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,523 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます