お答え中... 深呼吸してお待ちください

自分が何ために嫌いな受験勉強をしているのか分からなくて辛い。

相談者さん、辛い思いをしているんですね。お気持ちがわかります。受験勉強は長期的な目標があるため、つらさがつきものですよね。でも、何のために受験勉強をしているのかという目的意識は、意外と見失いがちなものです。

仏教の観点から言えば、苦しいと思うことや、やりたくないことに対して、気づきを持ち、受け止めることが大切です。その状況に対する自分の感情や思考を受け入れ、それを変化させるためのアクションを起こすことが求められます。仏教では「八正道」という概念があります。それは正しい考え、正しい話す、正しい行い、正しい生業、正しい努力、正しい思想、正しい瞑想、正しい驚異の8つの道です。これらに則って生きることが、明るい未来につながるのだとされています。

心理学の観点から言えば、意識的に自分自身の目的を明確にし、自分を高めるための方法を模索することが重要です。そして、自己実現を目指すためには自分自身の起点である自己認識が必要不可欠です。自分自身を知ることで、自分自身が抱えている問題を解決し、自分を高めることができます。

最後にコーチの視点からアドバイスさせていただくと、まずは「受験勉強をしている目的」を明確にすることをおすすめします。何のために受験勉強をするのか、自分にとっての意味を考えてみてください。その上で、自分にあった勉強方法を見つけることが大切です。勉強の方法以外にも、自分をリフレッシュすることや、自分を励ます方法を見つけることも大切です。自分自身を肯定し、自分を大切にすることが、受験勉強に立ち向かう力につながります。

あなたに授けるハッシュタグ
#受験勉強 #目的意識 #自己認識 #八正道 #自己実現 #勉強方法 #自己肯定 #リフレッシュ #アクション

LINEでも相談できます

LINEでいつでもあなたのそばに

LINEでフレンド登録する

486,507 件のお悩みが届きました

作者について

image

Kazuma Ieiri

開発者

趣味で様々なサービスを作っています。浄土真宗で得度しました。

Website

LINEでいつでもあなたのそばに。

フレンド追加でいつでも気軽に相談できます